作曲家・岡田加津子のプロフィール

岡田加津子 Kazuko OKADA

1962年神戸生まれ。京都市立堀川高校音楽科(現、京都市立京都堀川音楽高校))卒業、東京藝術大学作曲科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。同大学院 音楽教育研究室助手を経て、現在、京都市立芸術大学准教授。京都在住。


音楽活動歴1-作曲
大学院在学中にメゾソプラノとフルートとギターのための『風のうたった歌』(詩/立原道造)が、第1回九州ギター現代音楽祭作品部門、最優秀 賞受賞。
同じく在学中に、メゾソプラノとピアノのための『風』(詩/谷川俊太郎)が、『日本歌曲選集 2』(音楽之友社)に掲載される。
1992年より活動の拠点を京都に移し、室内楽、管弦楽作品の自主公演や、演奏会用新作、合唱曲、校歌、教科書教材などの委嘱作品も多く手が けている。 (出版作品・公演一覧のページを参照のこと)。
2001年より2006年まで毎年、京都教育大学附属桃山小学校の「アーツ・イン・エデゥケーション」のゲストティーチャーとして、児童の書いた詩に作曲 し、その作曲過 程を授業で説明しながら演奏指導するシリーズ授業「詩が詞になるとき」をを実施。シリーズ終了後、2007年マザーアースより「そうがんきょう〜22人の子どもたちと1人の先生の詩による24の歌曲集」として出版され、附属桃山小学校創立百周年記念(2009年)に同校にて全曲披露演奏会が行なわれた。
2003年『岡田加津子 作品展』が、バロックザール賞受賞。
2004年より毎年、グリーン・コンサーツ・(22世紀クラブ主宰)において、新作を発表している。
音楽活動歴2-ワークショップ
1987年より、東京藝術大学音楽教育研究室の助手を務める傍ら、東京都および近郊の幼稚園、小学校、中学校、高校、養護学校、大学、青山 『こどもの城』などにおいて、打楽器を使った即興演奏や、サンバのワークショップを数多く行なう。
1990〜92年、ドイツ、スイス、セネガルにて、アフリカ伝統舞踏をシェイヒ・ティディアン・ニァン(元セネガル国立舞踊団第一舞踏手)に 師事。
1993年より毎年、パーカッショニスト渡辺亮とともに、横浜教育委員会主催「夏期音楽実技研修会」の講師を務める。
2001年より、リズミック・パフォーマンスのワークショップを全国各地で開催(下記、一覧参照)。
ワークショップ開催例
松江市立津田小学校(‘01島根)
日本音楽教育学会全国大会(‘02岡山)
枚方市音楽教育研究会(‘03大阪)
宝塚市音楽教育研究会(‘03兵庫)
和歌山大学(‘03,‘04和歌山)
大宮音楽教育研究会(‘03 埼玉)
全日本私立小学校音楽部会(‘03東京、’04大阪)
日本音楽教育学会夏期ワークショップ(‘03東京)
明星大学(‘03東京)
日本音楽教育学会中国地区例会(‘04岡山)
沖縄小学校音楽教育研究大会(‘04那覇)
日本音楽教育学会東海地区例会(‘04三重)
兵庫県西播地区小学校音楽夏期研修会(‘04兵庫)
リトミック研究センター指導者養成コース(‘04‘05京都)
京都市立金閣寺小学校(‘04京都)
日本ダルクローズ音楽教育学会(‘04東京)
姫路市小学校音楽研修会(‘05兵庫)
保育サマーセミナー(‘05神奈川)
国立音楽大学夏期講習会(‘05東京)
鳥取市小学校教育音楽部会研修会(‘05鳥取)
リトミック研究センター ミニ・フォーラム in 静岡(‘05静岡)
カワイ教育カレッジ(‘06浜松)
カワイ楽器西日本大会(‘06広島)
カワイ教育カレッジ(’07浜松)
リトミック研究センター「リトミック・フォーラムin横浜みなとみらい」(’07横 浜)
カワイ音楽家ユニオン結成10周年記念講座(’08大阪)
同志社女子大学音楽学科公開講座(’08京都)
さいたま音楽教育研究会(’08さいたま)
京都府立高等学校音楽教育研究会実技研修会(’09京都)
リトミック研究センター滋賀支局特別実技研修会('09滋賀)
和歌山大学('10和歌山)
ザ・マリンバ・コネクション主催第8回レクチャー('10奈良)
第45回カワイ音楽教育シンポジウム東北大会('10仙台)
カワイ教育カレッジin広島('10広島)
カワイ教育カレッジin高松('10高松)
武蔵野音楽大学同窓会京都支部研修会('10京都)

INDEXページ

このWEBサイトに関するお問い合わせは(株)マザーアース

2006 All rights Reserved Mother-earth.co.ltd & Kazuko OKADA